南陽市と東京大学先端科学技術研究センターとの高校教育連携について共同発表を行いました

南陽市と東京大学先端科学技術研究センター(以下、「先端研」)は、2019年7月に包括連携協定を締結しましたが、具体的な取組の第一弾として、南陽市が地方版総合戦略に位置付ける「地域×高校魅力化みらいプロジェクト」に協働して取り組むこととし、2021年7月27日に共同発表を行いました。

2021年4月に先端教育アウトリーチラボを開設後、新たに教育連携を行うものとしては初めての案件となります。


先端研が構築した「地域共創リビングラボ」の手法を、南陽市内の県立南陽高校の探究学習に展開することを核とし、「先端教育アウトリーチラボ」が、より最適かつスピーディーに実現するためのマネジメントを行います。

具体的には今後、南陽市、南陽高校との3者での議論やトライアル等を通じて、令和4年度に新設が予定されている南陽高校の「地域創生コース」のカリキュラム編成に協力すると共に、南陽高校においてノウハウが確立されるまでの間、探究活動への実践的なサポートを行います。

本件を地域、学校、大学が一体となった次世代育成のモデルとして実践し、広く発信していきます。

加えて、この取組を通じ、「地域共創リビングラボ」の手法を更に深化させることや、その中で研究のシーズとなっている「Region’s DNA」の考え方を実証すること等も視野に入れています。

写真右より、南陽高校 木村智行校長、南陽市 白岩孝夫市長、先端研 杉山正和教授、三重大学 近藤早映准教授(先端研 客員研究員)、先端研 先端教育アウトリーチラボ 森晶子特任専門員

<参考>

「地域共創リビングラボ」とは

複数の分野の研究者が協働して構築した、先端研ならではの取組です。対話によって地域の隠れたニーズや課題を顕在化し、先端研の研究シーズとのマッチングを経て地域産業活性化活動、震災復興、コミュニティ再生、研究交流や人材育成等を行っています。

南陽市「地域×高校魅力化みらいプロジェクト」とは

地元高校の取組と高校生の活動を地域全体で支援する「共創の場」を通じて、高校生のふるさとへの理解を深め、地域への愛着を醸成し、自ら学び、考え、行動する地域人材の育成を図るプロジェクトです。具体的には、「総合的な探究の時間」など高校での探究学習や、「南陽高校市役所部」など学校外の様々な地域探究活動の実践強化を図り、未来の持続的で魅力的な地域づくりを担う主体形成を目指します。